英語リスニング指導ハンドブック

新刊
英語リスニング指導ハンドブック
著者 鈴木寿一 編著
門田修平 編著
ジャンル 書籍 > 英語教育 > 英語教育
出版年月日 2018/09/10
ISBN 9784469246193
判型・ページ数 A5・402ページ
定価 本体2,900円+税

内容

リスニング力向上のための指導法を徹底解説

リスニングの指導というと、教材を聞かせ、内容理解問題に答えさせる、の繰り返しになっていませんか。それでは、リスニング力は伸びません。本書では、リスニング指導の基礎知識から、小・中・高における豊富な実践例、リスニングのメカニズムや指導の理論までをていねいに解説。効果的なリスニング指導法が身に付きます。

目次

まえがき
編著者・執筆者一覧


導入編

第1章 リスニングの重要性とリスニングに必要な能力
1 コミュニケーションにおけるリスニング
2 コミュニケーションの前提になるリスニング能力
3 CBI(Comprehension-based Instruction)とPBI(Production-based Instruction)
4 CBIの中心となるProcessing Instructionの考え方
5 リスニングの概要:知覚と理解、ボトムアップとトップダウン処理
6 音声知覚に必要な能力
7 音声言語理解に必要な能力
8 まとめ

第2章 リスニング指導自己診断テスト
1 「リスニング指導自己診断テスト」の目的
2 「リスニング指導自己診断テスト」に回答しましょう!
3 「リスニング指導自己診断テスト」の活用法
4 「リスニング指導自己診断テスト」に回答した結果をチェックしましょう!

第3章 リスニング指導Q&A
Q01. リスニングが苦手な学習者に対する指導
Q02. 日本の英語学習者が理解できる発話速度
Q03. 教材の発話速度が速すぎる場合は?
Q04. 速い英語を理解できるようにするには?
Q05. ポーズをどこに入れるか
Q06. どの程度の長さのポーズを入れるか
Q07. ポーズ入りの教材を聴き続けると、自然なポーズしかない発話を理解できなくなるのでは?
Q08. 自然なポーズで聴かせるのはいつから?
Q09. 内容理解問題はいつ提示すべきか
Q10. 背景知識はいつ提示すべきか
Q11. 英語の聞き流しでリスニング力は伸びるか
Q12. 同一教材を繰り返し聴くべきか
Q13. 教科書本文は何回聴かせればよいか
Q14. 精聴のための教材をどう指導するか
Q15. 概要理解でよいか 細部理解も必要か
Q16. ディクテーションを行うタイミングは?
Q17. 効果的なディクテーション指導法は?
Q18. 学習者がリスニング中や内容理解問題に解答中に教師は何をすべきか
Q19. クラス全体の理解度を把握するには?
Q20. 英語で授業を行えばリスニング指導は不要?
Q21. リスニングによる文法指導はどう行うか
Q22. 受験前の集中的リスニング指導は効果的?
Q23. 語彙レベルのリスニング指導の意義は?
Q24. 音変化や弱形の指導はどう行うか
Q25. リスニングから他の技能への指導は?
Q26. リスニング指導での効果的日本語使用は?
Q27. 英語と日本語を交互に聴かせる意義は? 英→日と日→英のどちらの順序で聴かせるべきか
Q28. リスニング中にメモを取らせるべきか
Q29. 読み聴かせのための留意点は?
Q30. 多読本付属CDの活用法は?
Q31. ビデオ教材の字幕の効果的な活用法は?
Q32. 映像教材を用いる際の留意点は?
Q33. 家庭学習用に適切なリスニング課題は?
Q34. 家庭学習にリスニングを課しても、真面目に取り組まない学習者をどう指導するか
Q35. 授業中のリスニングの練習に真面目に取り組まない学習者をどう指導するか
Q36. 全体の内容を把握できない学習者をどう指導すればよいか
Q37. 聞こえた単語の理解が文脈に合わないのに、修正できない生徒をどう指導するか
Q38. リスニングの時間をどう確保するか
Q39. リスニングを3年間でどう位置づけるか
Q40. インプットとして、リスニングとリーディングのどちらが優先されるべきか
Q41. 定期考査に適したリスニング素材は?
Q42. リスニング・テスト問題はどう作る?
Q43. 教材の朗読は教師がすべきか
Q44. どんな英語を聴かせるべきか
Q45. 音声指導として何を指導すべきか
Q46. 発音に自信がないが、どうすればよいか
Q47. 下手な英語を学習者に聴かせてよいか
Q48. ALTの英語に問題がある場合はどうするか
Q49. 一文だけ何度も聴かせるには?
Q50. 機器の接続や操作、教材編集が苦手である

実践編

第4章 音声知覚の指導――分節音・プロソディ・音変化とリスニング指導
1 英語音声の知覚
2 英語の分節音とリスニング指導
3 語レベルの強勢アクセントとリスニング指導
4 文レベルの強勢・リズム・イントネーション・ポーズとリスニング指導
5 音変化とリスニング指導

第5章 リスニング対象別リスニング指導
1 語句レベルのリスニング指導
2 文レベルのリスニング指導
3 パラグラフレベルのリスニング指導
4 パラグラフを超えたレベルのリスニング指導
5 まとめ

第6章 語彙習得につながるリスニング指導
1 リスニングに必要な語彙に関わる能力
2 語彙指導の現状と問題点
3 リスニング力・リーディング力・語彙力を伸ばす指導
4 動作を利用するTPRによる指導
5 実物・写真・絵などを利用した指導手順
6 日本語の訳語を利用した指導
7 例文を利用した語彙指導
8 教科書本文を利用した語彙指導
9 英語による定義を利用した語彙指導

第7章 文法指導につながるリスニング指導
1 文法指導の現状と問題点
2 Processing Instruction(PI)による文法指導
3 TPRによる文法指導

第8章 単一技能型のリスニング指導――ディクテーション
1 ディクテーションの種類
2 ディクテーションの指導手順
3 ディクテーションの活用方法

第9章 技能統合型のリスニング指導
1 リスニングからリーディングへ
2 リスニングからスピーキングへ
3 リスニングからライティングへ――ディクトグロス
4 リスニングから4技能を伸ばすラウンド制指導法による指導
5 リスニングからプレゼン・ディスカッション・ディベートへ
6 ALTとの効果的なリスニング指導

第10章 小学校でのリスニング指導
1 音源やICTの活用
2 英語で行うルーティン・ワーク
3 小学生には45分すべてが
4 絵本の読み聴かせ

第11章 中学校・高校検定教科書を用いたリスニング指導
1 会話文
2 物語文
3 説明文
4 論説文
5 検定教科書「英語表現」

第12章 検定教科書以外を用いたリスニング指導
1 入試対策リスニング問題集・リスニング過去問
2 TOEFL iBT リスニング・セクション
3 各種アナウンス
4 ニュース
5 インタビュー
6 映画・ドラマ
7 会話――会話を円滑にするためのリスニング指導
8 ディスカッション
9 プレゼンテーション――TED
10 ディベート
11 スマホ・アプリ

第13章 リスニング力の測定と評価
1 リスニング評価全体像
2 語・句・1文レベルのリスニング評価
3 パラグラフレベルのリスニング評価
4 技能統合型のリスニング評価

第14章 リスニング教材編集法(TTSソフト・音声編集ソフト)
1 Text-to-Speech
2 音声編集の必要性
3. Audacityを用いた音声編集

理論編

第15章 リスニングの科学
1 リスニングのメカニズム:ボトムアップ・トップダウン処理と音声知覚の仕組み
2 ワーキングメモリとリスニング
3 リスニングと脳
4 分節音と音節
5 リズム・イントネーション
6 ポーズ・発話速度と調音速度
7 スピーキングにつながるリスニング学習法
8 ことばと運動

第16章 英語習得をささえるフォーミュラ:用法基盤アプローチ
1 私たちはことばをどのようにして蓄えているのか:大人が持っている言語能力とは?
2 ヒトの相互作用本能
3 相互作用本能をもとにした用法基盤モデル:トマセロの母語獲得理論
4 こころの理論と社会認知システム
5 第二言語としての英語習得における用法基盤アプローチ:多聴・多読のトレーニング
6 フォーミュラ(定型表現)習得における多読の効果

第17章 リスニングに関する実証研究とリスニング指導への応用
1 基礎研究
2 効果的なリスニング指導を行うのに役立つ研究成果とリスニング指導への応用

参考文献
索引

ジャンル