英語教育2018年7月号

第1特集:小学校英語 移行期間 こんなふうに教えてみよう/第2特集:大学院でこんなことをやってみた

英語教育2018年7月号
ジャンル 雑誌 > 英語教育
出版年月日 2018/06/14
ISBN 4910019130789
判型・ページ数 B5・104ページ
定価 本体800円+税
購入

内容

――――――――――
~iPad, iPhone をお使いのみなさまへ~
◆『英語教育』電子版 好評配信中!◆
App Store「英語教育」アプリは こちら
――――――――――

第1特集:小学校英語 移行期間 こんなふうに教えてみよう
いよいよ4月から移行期間が開始した小学校英語。2年後の全面実施に向け、これまでの指導の振り返りと、今後の課題やその解決に向けたヒントをご紹介します。

第2特集:大学院でこんなことをやってみた
英語指導のスキルアップやご自身の研究を深めるために、大学院で学ぶ現場の先生方が増えています。大学院でどのような学びを続けられるのか、体験記をご紹介します。

<目次>
第1特集:小学校英語 移行期間 こんなふうに教えてみよう
新課程に向けて「移行期間」チェックシート(酒井英樹)
にっぽん全国教室だより
英語力と指導力の向上を目指して(久保 稔)/「相手意識」を大切にしたコミュニケーション活動を(渡邊友也)/授業のネタは意外と近くにある!?(中村 博)/新教材研修から見えてきたもの(岡井 崇)/My special curryを作ろう!(桐畑真由子)/小中連携を踏まえた指導と評価の工夫(庄司晶代)
中1ギャップを生まない、達成感が感じられる英語指導のあり方(佐野こずえ)
小学校教頭としてのカリキュラムマネジメントへの思い(桐井 誠)
他教科との連携で思考力・判断力・表現力等はこう育てる(瀧本哲弘)
We Can! を使った評価例:パフォーマンス評価への挑戦(山川 拓)
集まって楽しい自主研修会活動(犬塚章夫)
学びにくさのある児童生徒への指導・支援(植木田 潤)
[コラム]
中学入試も「英語で受験できる」時代に!(北 一成)
新小学校学習指導要領全面実施に向けた移行期初年度の文部科学省の取組(直山木綿子)
授業でも、家庭学習でも、大学でも活用できる『NHK基礎英語0』(阿部始子)

第2特集:大学院でこんなことをやってみた
大学院入学のすすめ(中村拓也)
定年後に大学院で学び直す(佐々木陽子)
デジタル&アナログな自己研修のすすめ(横田純一)

【授業】どうする? 中学校英語見直し会議[4](本多敏幸・工藤洋路)
 即興での「話すこと[発表]」をどう考えるか
【授業】生徒をやる気にさせる効果的なフィードバック[4](松下信之)
 ライティング作品へのフィードバック
【授業】〈誌上ワークショップ〉生徒の表現力を高めるライティング指導[4](大井恭子・上原美咲)>第4回ライティング指導ワークシート
 中学校生活の決まりについてALTに伝えよう
【授業】高校生のライティング上達のためのコーパス利用の試み[4](川村葉子・今井むつみ)
 コーパスを用いて適切なフィードバックを行う
【働き方】現場から考える英語教師のワークライフバランス[2](増渕素子)
 「長続きする無理」を
【特別支援】〈昭和大学発達障害医療研究所グループ〉医療の視点から発達障害のある学習者に寄り添う[4](佐賀信之)
 ADHD(注意欠如多動性障害)を知る
【小学校】小学校英語指導のはじめの一歩[4](小泉清裕)
 小学校英語に適した学び方
【小学校】Let’s Try!・We Can! 小学校外国語新教材のトリセツ[4](田邉義隆)
 Let’s Watch and Thinkの「どう使えばいいの?」を考える〈前半〉

【オピニオン】英語教育時評(寺沢拓敬)
 今後の日本の英語教育研究
【オピニオン】新聞記者エイゴ界を歩く[4](刀祢館正明)
 コミュニケーションはつらいよ
【研究】CUTTING-EDGE RESEARCH 英語教育研究最前線[14](佐藤健児)
 進行形再考:前段階性の観点から
【情報】英語教師のためのICT活用ガイド[196](阪上辰也)
 【ソフトウェア、ウェブサービス】読み上げ機能を持つソフトウェア、ウェブサービス
【文学】現在を映す20世紀文学:境界から響く声たち[4](都甲幸治)
 労働の現実:チャールズ・ブコウスキー『郵便局』
【英語】Letters from Global Researchers[4](佐藤匡俊)
【ことば】東京外国語大学CEFR-J×27言語プロジェクト発 もっと知りたい! 世界のことば[16](水野善文)
 ヒンディー語

【口絵】
花と生きる:池坊555年を超えて[4](矢上哲己)
立花の大成
英語で味わう地域のストーリーJapan Heritage日本遺産[4](編集協力:鉄の道文化圏推進協議会事務局)
出雲國たたら風土記
欧文書体を巡る旅[4](小林 章)
正しい作法で目にも自然な英語を(1)

◆今月の時事英語(中井良則)
 CVID / caravan / incel / hush money
◆[若者ことば編](西森マリー)
 We are both dragon energy.
◆[日本文化編](金井さやか)
 電撃解任/セクハラ/七夕

【英語】授業に活かせる基礎英語講座
Part1 メタファーで覚えるイディオム[4]理解することは見ることである(谷村 緑・仲本康一郎)
Part2 文法クイズ[40] より適切な英語にするには? (佐藤誠司)
Part3 「知ってた?」英語の雑談・トリビア[4] アメリカの「公用語」は英語? それとも?(高橋敏之)

【英語】和文英訳演習室(磐崎弘貞/Jim Elwood)

【特別記事】大学入試スピーキングテストの新しい選択肢:BCT-S(British Council-TUFS Speaking Test for Japanese Universities)開発の背景(安田智恵)

Question Box(柏野健次/中邑光男/南條健助/真野 泰)
13. that is (to say)は「つまり」という意味だけではないのか
14. 日本人の目を black eyes と表現できるのか
15. calm と produce(名詞)の発音について
16. I usually have bread for breakfast. は不自然な英語か

海外新刊書紹介[232](物井尚子)
Beyond Age Effects in Instructional L2 Learning: Revising the Age Factor

海外論文紹介[249](石川慎一郎)
教科書コーパスで探る韓国・北朝鮮の英語教育

英語教育 研究と実践(語学教育研究所)

ジャンル