ウィニング・バスケットボール 勝つための理論と練習法

原題:Basketball Vol.1 Vol.2

内容

トップコーチによるバスケットボールの理念

本場アメリカのトップコーチであるボブ・ナイト、ピート・ニューエル両氏の、バスケットボールに対する考え方やコーチング理論、練習法を紹介。

目次

第1部 フィロソフィーとコーチング理論

第1章 コーチングのフィロソフィー

第2章 コーチングの方法
 (1)ドリル
 (2)ビデオ
 (3)ゲームの統計

第3章 コーチングのテクニック

第4章 チームづくり
 (1)プレイヤーに対する態度
 (2)練習計画
 (3)コンディショニング

第2部 ディフェンス

第1章 ディフェンスのフィロソフィー
 (1)ディフェンスの基本的な考え方
 (2)ディフェンスのポイント

第2章 ディフェンスのファンダメンタル
 (1)ボールサイドとヘルプサイド
 (2)ボールサイドのディフェンス
 (3)ヘルプサイドのディフェンス
 (4)ブロックアウト

第3章 ディフェンスのドリル
 (1)クイックネスとリアクションを高める
 (2)アグレッシブネスを養うドリル
 (3)ボールサイド・ディフェンスのドリル
 (4)ヘルプサイド・ディフェンスのドリル
 (5)ブロックアウト
 (6)多目的ドリル

第3部 オフェンス

第1章 オフェンスのフィロソフィー
 (1)コーチングのポイント
 (2)オフェンス力を高めるポイント
 (3)オフェンスの動きに関するポイント
 (4)オフェンスの約束事
 (5)ポスト・プレイヤーの基本ルール

第2章 オフェンスのファンダメンタル(1)
   ―ボールハンドリング―
 (1)ボールハンドリング
 (2)パス&キャッチ
 (3)ドリブル

第3章 オフェンスのファンダメンタル(2)
   ―シューティング―
 (1)シューティングの基本
 (2)シューティング・ドリル

第4章 オフェンスのファンダメンタル(3)
   ―ポスト・プレイヤーのドリル―

第5章 オフェンスのファンダメンタル(4)
   ―スクリーンとカット―
 (1)スクリーン
 (2)カット
 (3)スイッチに対するプレイ

第6章 オフェンスの発展ドリル
 (1)基本的なスクリーンとカットのドリル
 (2)2対2
 (3)3対3
 (4)4対4

第7章 オフェンス・フォーメーション
 (1)フォーメーションの目的
 (2)いろいろなフォーメーション
 (3)フォーメーションの選択
 (4)フォーメーション・ドリルでの制限

第8章 コンバージョン

ジャンル