漢文とっておきの話

漢文とっておきの話
著者 諏訪原研
ジャンル 書籍 > 漢文・中国古典
出版年月日 2012/02/20
ISBN 9784469232677
判型・ページ数 四六・256ページ
定価 本体1,900円+税

内容

漢文はこんなにおもしろい!

しゃべるウナギや賄賂で天国へ行った泥棒、身を挺して主人を救った犬の話など、笑いあり、涙ありの「とっておき」の漢文20話余りを収録。原文・書き下し文に、わかりやすい解説と機知に富んだコメントを加え、読めばもっと漢文にふれたくなること間違いなしの一冊。

目次

まえがき

[頓知の利いた話]
 象の重さを量るには?
 馬の母子の見分け方
 太陽までの距離
 処刑を免れた言い訳

[笑い話]
 子供の名前は「お坊さま」
 地獄の沙汰も…… 
 皆で落ちれば臭くない
 間の抜けた献策

[不思議な話]
 ウナギがしゃべった
 田舎役人の名返答
 馬と布団の知らせ
 鳥の言葉がわかる

[盗みにまつわる話]
 盗人を見分ける名人
 「盗み」の意味の取り違え
 牛泥棒の悔恨
 敵軍を退散させた泥棒

[感動する話]
 弓の名人
 我が心は石にあらず
 中国の「おしん」
 忠犬悲話

[教訓になる話]
 賄賂で失職
 子孫に財産は残さない
 牛のことなら農民にきけ
 大岡裁きの中国版

大学入試出題校一覧
訓読のきまり

ジャンル