敬語だけじゃない敬語表現

心づかいと思いやりを伝える「丁寧さ」

内容

気づかい上手は、敬語上手への近道。

「仰る」「伺う」などの敬語を使わなくても、ちょっと表現を工夫して、相手への心づかいを伝えることで、「丁寧さ」は表せます。どう表現すれば丁寧になるのか、どんなしくみで丁寧になるのかを、わかりやすく解説。目上の人への依頼、後輩への指示、気になる人へのお誘い……多彩な場面で使える、表現のヒントを満載!

目次

はじめに

第Ⅰ部 「敬語によらない丁寧さ」

◎問い――より丁寧な表現はどちら?
◎答え――より丁寧な表現は……
 1「取ってください。」と「取ってくれますか?」
 2「取ってくれますか?」と「取ってもらえますか?」
 3「取ってもらえますか?」と「取ってもらってもいいですか?」
 4「帰らせてもらえますか?」と「帰らせてもらってもいいですか?」
 5「帰ります。」と「帰らせてもらいます。」
 6「取ってあげましょうか?」と「取りましょうか?」
 ◆第Ⅰ部のまとめ

第Ⅱ部 「丁寧さ」のしくみ

1.行動につながる表現
2.行動、決定権、利益・恩恵
 (1)「今日は六時になったら帰ります。」【宣言をする表現】
 (2)「これ、使ってもいいですね。」【確認をする表現】
 (3)「荷物を運ぶの、手伝いましょうか?」【申し出をする表現】
 (4)「それ、食べてもいいですか?」【許可を求める表現】
 (5)「早めに薬を飲んだほうがいいですよ。」【勧め・助言をする表現】
 (6)「それ、こっちに持ってきてください。」【指示・命令をする表現】
 (7)「もう少しくわしく説明してくれますか?」【依頼をする表現】
 (8)「それ、使ってもいいですよ。」【許可を与える表現】
 (9)「花火、一緒に見に行きませんか?」【誘いをする表現】
3.丁寧さを決めるもの
4.「敬語によらない丁寧さ」の持つ意味
 ◆第Ⅱ部のまとめ

第Ⅲ部 「丁寧さ」を伝える表現の工夫

1.あたかも表現
2.表現の工夫(1)
3.表現の工夫(2)
 ◆第Ⅲ部のまとめ

おわりに
参考文献
索引

【コラム】
 「取ってくれますか?」と「取ってくれませんか?」
 「取ってくださいますか?」と「取っていただけますか?」
 「取ってさしあげましょうか?」と「お取しましょうか?」
 「取りましょうか?」と「取りますよ。」

ジャンル