英語辞書をつくる

編集・調査・研究の現場から

内容

著名な英和辞典の編者達が、それぞれの”辞書づくり”を語る。

英語辞書に深く関わる12名の著者が、英語辞書の編集や調査、研究についてさまざまな側面から論じた。Part1は著名な英語辞書の編者が辞書作りに関する自身の経験や考えを語ったもの、Part2は学習英英辞典、Part3はコロケーション(語と語の結びつき)について、専門家が綴ったもので、辞書学・英語学に関心のある読者に有益な情報を提供するだろう。

目次

まえがき

PARTⅠ 編者が語る英語辞書編集
 紙の辞書を考える(赤須 薫)
 『ウィズダム英和辞典』(井上永幸)
 データ・サイエンスとユーザーの哲学――4冊の辞書を編纂して(投野由紀夫)
 辞書編集の苦労話――『ジーニアス英和辞典』を中心に(南出康世)

PARTⅡ 学習英英辞典(EFL辞書)の調査と研究
 EFL辞書:歴史と課題(山田 茂)
 EFL辞書使用上の注意点――文法情報の読み取りを中心に(畠山利一)
 EFL辞書と語用論――ポライトネスを中心に(川村晶彦)
 EFL学習者の語彙エラーと辞書情報の活用――高頻度語義/単語バイアスの観点から(磐崎弘貞)

PARTⅢ コロケーションと英語辞書
 学習英語辞典におけるコロケーション記述の変遷(小室夕里)
 日英双方のコーパスから見たコロケーションと辞書記述への応用(赤瀬川史朗)
 コロケーションの転移とその対策として学習者に向けた辞書記述(鎌倉義士)
 コロケーションの抽出と辞書記述について(塚本倫久)

参考文献
索引

ジャンル