バスケットボール物語

誕生と発展の系譜

内容

ファンなら知っておきたいバスケの文化史

誰もがプレーした経験を持つバスケットボール。それが、いつ、どこで、どのように誕生し、世界へ普及・発展して今日に至ったか。新しいゲーム誕生の背景から、考案者ネイスミスの生涯、最初にプレーした日本人、ゲームの変遷、日本への普及、プロの誕生、現在の世界的動向まで、丹念に集めた資料と写真でその史実を読み物にまとめた。

目次

はじめに

第1章 世界最初のゲームとひとりの日本人

バスケットボール誕生に立ち会った日本人/ネイスミスと同級生だった「イシャカワ」
日本にバスケットボールを伝えられなかった石川源三郎

第2章 ゲームを創案したネイスミスの生涯

両親を失い、苦学しながら牧師を目指す/スポーツとの出会い
牧師への道から体育・スポーツの道へ/YMCAの体育指導者になったネイスミス
ベルリン・オリンピックの正式種目となって/晩年のネイスミス

第3章 「バスケットボール」誕生の背景

当時のスポーツ事情/求められていた屋内の新しいゲーム
学生たちを無我夢中にさせた新しいゲーム/考えついた最初の13条のルール
「バスケットボール」の名称は桃の籠とサッカーボールから

第4章 アメリカにおける普及と発展

YMCAの貢献/急な発展にみられた混迷
混迷が過ぎて/全米大学選手権までの歩み
初のアメリカ代表チーム/米ソの戦い
ドリームチームの誕生へ/ドリームチームのその後

第5章 ゲームの移り変わり

バスケットボールの基本原則/1チームの人数
ピボットとドリブル/違反行為
得点/今日の3点ショット
コート/ゴール
バックボード

第6章 外国への普及

各地域
 (1)北アメリカ/(2)南アメリカ/(3)カリブ海地域
 (4)ヨーロッパ西部/(5)ヨーロッパ中部・南部/(6)ヨーロッパ東部
 (7)アフリカ/(8)アジア
各ゾーン
 (1)アメリカゾーン/(2)アフリカゾーン/(3)ヨーロッパゾーン
 (4)オセアニアゾーン/(5)アジアゾーン

第7章 日本への移入

日本にバスケットボールを紹介した大森兵蔵/アメリカ人アニーとの結婚
日本初のオリンピック大会に監督として参加/大森夫妻の夢の実現
時期尚早だった日本のバスケットボール

第8章 F・H・ブラウンの貢献

F・H・ブラウンに白羽の矢/ブラウン来日当時のYMCAの様子
佐藤金一との出会い/初めての国際大会
初の国際舞台の成果/ブラウンと東京YMCA
ブラウンの足跡

第9章 FIBAの誕生

国際アマチュアハンドボール連盟/国際バスケットボール連盟
フランス協会の変化――反発と軟化/FIBAへの歩み

第10章 オリンピック種目に

F・アレンの思い/実現までの経緯
ぬかるんだコートでのプレー/幻の身長制
ネイスミスのオリンピックへの旅

第11章 世界選手権大会

男子大会誕生までの経緯/男子第1回大会
男子その後の大会/女子第1回大会
女子その後の大会/大会の歩み

第12章 プロバスケットボールの起こり

プロチームの出現/NBLの結成
リーグ乱立状態/当時のプロリーグの実情
BAAの結成/NBAの誕生
黒人とバスケットボール

第13章 女子バスケットボールの誕生

国際YMCAトレーニングスクールから/各地への普及
新しい展開/その後のルールの変遷
プロチームの誕生/オリンピック種目に
ふたたびプロリーグの誕生

第14章 世界のバスケットボールの流れ

世界のバスケットボールの変化
FIBA事務総長の交代(1)
FIBA事務総長の交代(2)
FIBAアジアの動向
クラブリーグの到来
 (1)ヨーロッパゾーン/(2)アフリカゾーン
 (3)アメリカゾーン/(4)オセアニアゾーン
 (5)アジアゾーン

参考文献・資料、写真
あとがき

ジャンル