星座で読み解く日本神話

内容

日本にも星の神話があった。日本神話は天上画廊の物語である。

日本神話に星の話はないと言われてきたが本当か。否。アメノウズメはオリオン座、サルタヒコはヒアデス星団、アメノミハシラは北極星など、日本神話はまさに天上画廊の物語であることを証明する。

目次

はじめに──古代日本にも星の神話が存在した

1 日本の神話とは何か
──残存するのは切り貼り細工の一部の神話に過ぎない

2 星座とは何か・なぜ日本神話に星座があるのか
──日本神話の成立に星辰神話が不可欠であった。

3 なぜ星座で神話が読み解けるのか
──古代と変わらぬ星空が天上に残っている

4 天津甕星と天香香背男
──金星(明けの明星)の神格化

5 天の御柱廻りと国生み神話
──天を支える柱である北極星と世界の中心に位置する聖なる大八島国

6 伊邪那岐命の禊祓と三貴子誕生まで
──日月星辰誕生の天文神話

7 住吉三神の誕生と星を目当ての航海
──オリオン座の三つ星は航海の神

8 太陽神の話
──天照大神とその子孫達

9 月の神月読命の神話
──光輝・潮路(暦)・死と復活の神

10 古代日本人の宇宙観
──ドーム状の天の層と天に開いた穴としての星

11 天の八衢と天の岩屋戸
──天地を結ぶ通路は星であった

12 猿田毘古神の復元
──猿田毘古神の目・鼻・口は畢星の色・形・光輝に対応する

13 猿田彦神の星座図と外国神話の星座の比較
──動物の星座は最も普遍的

14 天孫降臨神話における天宇受売命
──天宇受売命はオリオン座

15 天の岩屋戸神話等の天宇受売命像
──天孫降臨神話と共通の姿態

16 天上画廊としての日本神話
──重要な舞台と神々が天空の星座で表される

おわりに
──発送から実証・復元への道のり

ジャンル